不動産売買・購入(新築中古マンション・戸建・土地・建物)決済による名義変更登記費用の司法書士報酬を定額で代行。横浜、川崎、神奈川県、東京都内限定。

不動産売買登記と売買代金の支払方法

 無料お見積もり受付中お問合わせ・お申込みフォーム 電話045-222-8559

不動産売買登記情報館トップ不動産売買登記事例不動産売買登記と売買代金の支払方法

不動産売買登記と売買代金の支払方法

不動産売買登記の場合、通常、売買代金の支払いは、不動産売買契約の締結と同時にする手付金の支払いと、最終売買代金の精算である不動産決済時に行う不動産売買代金の残代金の支払いがあります。
もっとも、手付金の支払いを行わないで、不動産売買契約の締結と不動産売買代金の全額の支払いを同時に行う「同時決済」というものもあります。

どちらにしても、不動産を購入された買主様は、売主様に対して不動産売買代金全額の支払いをします。

この不動産売買代金の支払いは、どういう方法をとったらよいでしょうか。

不動産売買代金の支払いの方法には、現金、金融機関振出しの小切手(通常、預手(よて)と呼ばれています。)、売主様の金融機関口座への振込み、という方法があります。

通常の不動産売買決済時には、これらの方法で行われています。
売買の対象の不動産に抵当権などの権利が登記されていて、これを所有権移転登記と同時に抹消登記する場合には、現金または売主様の金融機関口座への振込み、という方法によります。

買主様ご自身が使用している個人または会社の小切手は、不動産売買の取引で使用することができません。
この理由は、売主様に完全に不動産売買代金が支払われるかどうか確実ではないからです。

そこで、不動産売買代金のもっとも、確実な支払方法は、どれでしょうか。
それは、売主様の金融機関口座への振込み、です。

不動産売買の場合、買主様は、売主様から不動産売買の領収書を必ず、受領します。
これは、売主様の金融機関口座への振込みの場合も領収書を必ず、受領します。

売主様の金融機関口座への振込みの場合、確実に、売主様に不動産売買代金を支払ったことは間違いありませんが、不動産売買のように、高額な取引の場合は、単に、振り込んだ金融機関の領収書だけではなく、売主様が確かに不動産売買代金を受領した、ということの領収書を必ず、受け取る必要があります。

売主様の金融機関口座への振込みをお勧めする理由は、現金での支払いの場合、ほとんどめったに起こることはありませんが、売主様が領収書を買主様に渡したのにもかかわらず、売主様が現金を受け取っていません、という場合がごく稀に起こるからです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional