無料お見積もり受付中お問合わせ・お申込みフォーム 電話045-222-8559

不動産売買登記情報館トップ不動産売買登記事例不動産売買登記と現住所での登記

不動産売買登記と現住所での登記

住宅ローンを利用して家屋を購入する場合、家屋の条件により所有権移転・抵当権設定の登録免許税が減税(軽減)適用されます。

家屋の条件は、次のサイトでご確認ください。
住宅用家屋証明書(不動産売買登記の登録免許税の減税証明書)

住宅ローンを利用して家屋を購入される場合、家屋の条件により登録免許税が受けられるかを検討します。
家屋の条件があれば、登録免許税の減税(軽減)を受けられると考えます。

一般的に、住宅ローンが居住することを前提としたローン(金利が低い)であるので、居住(実際の住む)の時期を検討します。
居住することを目的としていない場合は、投資ローンとなります。(金利が高い)

通常、最終売買代金決済日に、引渡しが行われます。所有権移転登記も同日で行います。住宅ローンの抵当権設定も同日で行います。
このため、引っ越しの時期は、基本的に、引渡し日を含め以降の日となります。

引っ越しの時期を引渡し日以降の日とすると、登記する住所は、「現・旧住所」での登記となります。
登録免許税の減税(軽減)適用を受けるためには、「居住する(実際に住む)」ことが条件です。
「新住所(購入した家屋の住所)」であれば、居住したことを「新住所」の住民票で証明ができます。
が、「現・旧住所」の場合は、居住したことを証明することができません。
この場合、「現・旧住所」で登記する場合、登録免許税の減税(軽減)を受けられるかという問題があります。住宅用家屋証明書を取得(市区町村役場)できるかという問題があります。

ですが、安心してください。
「現・旧住所」でも、「居住用(実際に住むこと)」であれば、登録免許税の減税(軽減)を受けることができます。
ただし、「現・旧住所」の場合は、引渡し日(取得日)から2週間以内に引っ越し・居住することが条件となっております。

次のサイトを参照して下さい。
http://touki-baibai.com/index.php?%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E7%99%BB%E8%A8%98%E3%81%A8%E8%B2%B7%E4%B8%BB%E6%A7%98%E3%81%AE%E7%99%BB%E8%A8%98%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%8F%E6%89%80

このサイトでは、
「もっとも、買主様の住所の移動を売買代金の精算前に、不動産の引渡し前に、便宜、行われていると聞き及んでいますが、これはお勧めすることができません。」
と記載しております。

これは、厳密に申しますと、法律上、引っ越しすることにより居住したことになり、これにより住所を移動できることになります。
これに対し、引っ越し・居住していないうちは、住所を移動できない、ということを意味します。
(ただし、転出の場合は、引っ越し予定が許されています。転入は法律上許されておりません。)

法律上はこれが基本ですので、公には、引っ越ししていないうちに、居住していないうちに、住所を移動してよい、問題となりません、とは言えないがために、このサイトでは、「もっとも、買主様の住所の移動を売買代金の精算前に、不動産の引渡し前に、便宜、行われていると聞き及んでいますが、これはお勧めすることができません。」と記載しております。(原則論)

ただし、実際には、特に金融機関の要求により、「新住所」で登記することが普通に行われております。
すなわち、最終売買代金決済の前に、引っ越ししていないうちに、居住していないうちに、住所を移動して、「新住所」の住民票と印鑑証明書を金融機関に提出、登記にもこれを使用しております。

「現・旧住所」でも所有権移転・抵当権設定の登録免許税の減税(軽減)を受けることができます。
この場合、決済・引渡しの日(取得の日)から2週間以内に引っ越し・居住することが条件となっております。

「現・旧住所」の住民票で「住宅用家屋証明書」を取得する場合、市区町村役場には通常の書類の他に、次の書類を提出します。
 ① 上申書(2週間以内に必ず居住することの誓約書)
 ② 現在、お住いの建物の契約書など
   例えば、現在、賃貸にお住まいでしたら、「賃貸借契約書のコピー」
   ご自宅を売却されるのでしたら、「売却についての媒介契約書コピー」や「売買契約書コピー」

「現・旧住所」で登記した場合、引渡し日以降、次の手続が必要となります。
○ 引っ越し・居住後、新住所に住所を移動します。
○ 金融機関に「新住所」の住民票を提出します。
  住宅ローンは、居住することを前提としたローンだからです。
  居住することが目的であるので、金利が投資用よりも低く設定されています。
○ 不動産取得税の関係で、不動産取得税の減税(軽減)を受けるために、県・都税事務所に「新住所」の住民票を提出します。
○ 登記上の住所が「現住所」であるので、将来、売却などする場合は、新住所への住所変更登記が必要となります。(費用がかかります。)

以上の内容を踏まえたうえで、「現・旧住所」・「新住所」を選択してください。
ただし、銀行から金消契約日に「新住所」の住民票と印鑑証明書を提出してください、と要求される可能性は十分あります。
「新住所」での登記は、自己責任で選択してください。

銀行から「新住所」の住民票・印鑑証明書を要求された場合、「新住所」での登記は、法律上許されないものとお考えであれば、銀行には、「現・旧住所」の住民票と印鑑証明書を提出することになります。

実際には、ほとんどの方が「新住所」での登記を選択されています。
ただし、「新住所」での登記は、自己責任で選択してください。

「新住所」での登記を希望され、決済の前に住所を移動される場合は、次のことに注意することが必要です。
区役所では、上記のとおり、引っ越ししたことを前提に住所の移動(転入)を認めています。

他の市区町村役場から住所を移動する場合、現住所の市区町村役場では、引っ越し予定で「転出届け」ができます。(法律上許されています。)
この転出証明書をもって、
引っ越し先の市区町村役場で、「転入届け」をします。
この際、役所の担当者から、「引っ越しはいつされましたか。」と質問された場合、
「まだ、引っ越ししていません。」と答えた場合、「引っ越ししてから手続をしてください。」と言われ、転入届ができなくなります。子供のお使いと同じとなってしまいます。

また、この場合、転入届と同時に、印鑑の登録手続が必要です。
実印と身分証明書(運転免許証)を区役所に持参してください。

「新住所」での登記は、自己責任で選択してください。

参照:登記名義人の住所変更登記
参照:住宅用家屋証明書(不動産売買登記の登録免許税の減税証明書)
参照:できるだけ住所変更登記をしない方法