不動産売買・購入(新築中古マンション・戸建・土地・建物)決済による名義変更登記費用の司法書士報酬を定額で代行。横浜、川崎、神奈川県、東京都内限定。

不動産売買登記と登記原因証明情報

 無料お見積もり受付中お問合わせ・お申込みフォーム 電話045-222-8559

不動産売買登記情報館トップ不動産売買登記事例不動産売買登記と登記原因証明情報

不動産売買登記と登記原因証明情報

不動産売買による所有権移転登記に限らず、登記の申請には、基本的に、「登記原因証明情報」を添付書類(添付情報)として、登記所に提出しなければなりません。
そこで、不動産売買登記における「登記原因証明情報」について、説明いたします。

不動産売買登記・登記原因証明情報の基本形

           登記原因証明情報(例)
1 登記申請情報の要項
(1)登記の目的 所有権移転
(2)原   因 平成24年1月1日 売 買
(3)当事者
    権利者  神奈川県横浜市中区関内一丁目1番1号
      (甲)横浜 太郎
    義務者  神奈川県川崎市川崎区川崎一丁目1番1号
      (乙)川崎 太郎
(4)不動産   後記記載のとおり

2 登記の原因となる事実又は法律行為
(1)(売買契約)
  横浜太郎(甲)と川崎太郎(乙)は、平成23年12月1日、手付金の授受と伴に本件不動産の売買契約を締結した。
(2)(所有権移転時期の特約)
  (1)の売買契約には、本件不動産の所有権は、売買代金全額の支払いが完了した時に移転する旨の所有権移転時期に関する特約が付されている。
(3)(代金の支払い)
  甲は、乙に対し、平成24年1月1日、売買代金の残代金全額を支払い、乙は、これを受領した。
(4)(所有権の移転)
  よって、本件不動産の所有権は、同日、乙から甲に移転した。

平成24年1月1日 東京法務局 渋谷出張所 御中

上記の登記原因のとおり相違ありません。

義務者(住所)神奈川県川崎市川崎区川崎一丁目1番1号
   (氏名)川崎 太郎  (印)

(4)不動産の表示(例)   (土地)          
 所   在  東京都渋谷区渋谷一丁目
 地   番  1番1
 地   目  宅地
 地   積  100・00㎡

(建物)                          
 所   在  東京都渋谷区渋谷一丁目1番地1         
 家屋番号   1番1
 種   類  居宅  
 構   造  木造瓦葺2階建
 床 面 積  1階 100・00㎡
        2階  10・00㎡

(敷地権付マンション)
 一棟の建物の表示
  所   在  東京都世田谷区世田谷一丁目1番地1
  建物の名称  世田谷マンション
 専有部分の建物の表示
  家屋番号   世田谷一丁目1番1の101
  建物の名称  101
  種   類  居宅
  構   造  鉄筋コンクリート造1階建
  床面積    1階部分 10・00㎡
 敷地権の表示
  所在及び地番 東京都世田谷区世田谷一丁目1番地1
  地    目 宅地
  地    積 1000・00㎡
  敷地権の種類 所有権
  敷地権の割合 10万分の1

(敷地権でないマンション)
 一棟の建物の表示
  所   在  東京都世田谷区世田谷一丁目1番地1
  建物の名称  世田谷マンション
 専有部分の建物の表示
  家屋番号   世田谷一丁目1番1の101
  建物の名称  101
  種   類  居宅
  構   造  鉄筋コンクリート造1階建
  床面積    1階部分 10・00㎡

  所   在  東京都世田谷区世田谷一丁目
  地   番  1番1
  地   目  宅地
  地   積  1000・00㎡
          持分10万分の1

不動産売買登記・登記原因証明情報の解説

平成16年の不動産登記法の改正により、登記原因証明情報が法定の添付書類(添付情報)として、不動産売買登記申請の際、登記所に提出しなければならなくなりました。
不動産登記法改正前は、登記原因を証する書面の提出は任意でした。
その結果、不動産売買登記申請の際、司法書士に代理申請を委任する場合、多くの場合、登記事項の内容は、登記用の委任状の記載のみで登記申請されていました。

登記原因証明情報の記載内容は、どのような法律上の原因と事実経過を経て、不動産売買による所有権移転登記を申請することになったのか、すなわち、「登記の原因となる事実又は法律行為」を記載する必要があります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional